子育てのこと 4 大泣きして物をねだる子

「買ってぇー、買ってよぅ」と、お店の売場で大泣きしている子に、時々遭遇しますね。
「だーめ!」と答えるお母さん。
きこえてくる理由は色々のようです。
「この前も買ったばかりでしょ」
「すぐ飽きてどこかで失くしちゃうじゃない」
「お家に同じのがいくつもあるでしょ」
「そんなの買ったって、使い道が無いでしょ」
「今日はだめ、今度」
子どもの反応は大体同じです。
否定されればされるほど、声も動作も大きくなります。
どちらも必死です。
親は人目も気になって恥ずかしいし、躾としていつもなんでも買うのは良くない。
子どもは「欲しい気持ち」に集中して、なりふり構わず頑張ります。

この時、子どもって何にも考えていないと思いますか?

とんでもない。
子どもは親以上に凄く考えています。したたかに。
例えば、誰かが困惑して一度でも買ってくれた(そういう場面を見た)経験があると、そこを目指します。
反対に、それをすることで逆効果な経験があれば、騒がずにねだります。
概ね買ってもらえる経験があるとねだり方はおだやかになりますが、手に入らない時の抵抗は激しくなります。
どう頑張っても買ってもらえないと知っている子は、そもそも欲しいと言いません。
また、その時の「相手が誰か」でアプローチを自在に変えてきます。
その様子を観察すると、その子の脳がフル活動していることがわかります。
どうやったら手に入るのか、過去の経験の記憶を手繰り寄せ、選別し、より効果的だったことを実行し、新たな方法も探っています。

そして何より、「欲しい」には「欲しい気持ち」の奥に「欲しい理由」があるのです。

子どもは訴える時に理由を忘れるほどに「欲しい」に集中してしまいますし、周りの大人は「欲しい気持ち」に振り回されています。
お互いに、「欲しい理由」を見失っています。
そうなってしまうのはうなづけます。
人目があります、出先です、買い物途中です、帰宅間際です、急いでいます、等々。

そこで、ぐっと大人が堪えて「欲しい気持ち」とその奥にある「欲しくなった理由」について聴いた後で、親の気持ちや状況を伝えたら……少し違う反応が返ってくることも多いはずです。

その場でそれができれば苦労はありませんが、なかなかその場の状況で難しくてできないのでどうするか……。

そんな時、「欲しくなった理由があるんだよ」という子ども声があることを、頭のどこかに置いておくだけで、子どもを無理矢理抱えて連れ帰ったとしても、その時に「我儘言わないの!」ではなく、「今日はごめんね」と言いながらできるかもしれません。
そして、お互いが落ち着いて話せる時間に、あらためてその件について子どもとの対話が可能になるでしょう。
親子であっても、いえ、親子だからこそ、コミュニケーションをとって関係を深めるには、言いたいことを言い合うだけでなく、聴き合うことが大切ですね。

スポンサーサイト



子育てのこと 3 働くことの是非

社会で働く女性が一般的になりました。そのことに誰も違和感は感じないと思います。
しかしながら、子育て中となると、仕事をやめたり勤務時間を減らしたりする傾向にあります。
独身時代から結婚、出産と進むにつれ、同じ職場で継続勤務することが難しくなるのは、今も昭和時代と変わらないような気さえします。
学校卒業と同時に正規雇用となった会社でキャリアを積みながら結婚し、子育てし、親の介護までしながら定年までとは想像し辛いですね。

女性と仕事。
世界の先進国と言われる国々の中で就職率、雇用形態、給与などの面で比較していくと、日本は明らかに遅れている方に属するというデータが出ているそうです。
子育て中の女性が社会で働くと母親の勤めがおろそかになるという暗黙の思い込みがあり、女性は家事優先の立場、結婚して従属する立場というイメージが根強く、男性と同等に働けない(男性のほうが役立つ)と暗黙に括られて扱われ、女性の給与が男性に比べて平均するとかなり低く抑えられている日本社会です。

私も土日休みの少ない仕事をしていて、それを夫に責められて辛い子育て時期を過ごしましたが、実際は、母親が仕事をしているからといって子育てに悪影響はありません。
仕事をしていると子どもと接する時間が短いのは事実です。仕事をしていると家事との掛け持ちが大変で時間の余裕がなくなりますが、それで仕事時間と家事多忙中にべったりできないことが子どもに悪影響とは言いきれません。

子育てのこと1で書いたように、子どもは自分の周りのどんなことも経験し、自分で取捨選択して成長します。
母親が本当に手が離せないとわかれば、乳児でさえ甘え泣きを待ってくれるものです。
子どもの気持ちをきちんと受け止めて愛情を伝え、現実の状況を伝えれば、その子にとって緊急時でなければ待ってくれると思います。
私は出産後、子どもが1歳でぐらいで保育園に預けて非正規雇用のフルタイムで働いていましたが、働く前の専業主婦の時も、仕事を始めた後も変わらず、甘えたいアピールをした後、今は手が離せない状況だな、気持ちがイライラしているなと気が付くと、待ったり、我慢したりして譲ってくれたものです。
接する時間が少なくても、子どもがその時は寂しいと思っても、日々の生活や成長の過程で、親の愛情が離れていないと感じられれば子どもは大丈夫です。

忙しくて一緒にいる時間が短くても、気持ちに寄り添い、気持ちを伝えることができれば、働きながらの子育てで子どもに悪影響は無く、寧ろ一緒に長時間ベタベタするよりも良い影響が出ると思っています。あるベテランの保育士もそういう事例をたくさん見てきたと語っていました。
長時間べったりと一緒に過ごすことがマイナスとは言えませんが、その状況に起こりやすい「無意識の過干渉」が、一番子供に悪い影響が出て、怖いことです。

人間は年齢性別関係なく、誰だって一人の自由な時間が欲しいものです。自分の考えで好きに過ごす時間が必要ですから、同じ家で過ごしていてもそれぞれ自分のことに安心して集中できるプライベートタイムが必要です。
新型コロナウイルスで家族がずっと顔を付き合わせていたら、喧嘩するようになったというのはその典型的な例ですね。
どんなに仲良し家族であっても、ある程度の時間は離れて一人でリラックスして好きに過ごせなければ、家族と一緒にいること自体がストレスに変貌する危険があるのです。

親も子も、妻も夫も、「母親だから」と日本社会が暗黙の了解のように課す「役割」に縛られて、思い詰めないでいたいものです。
母親である前に一人の人間、子どもである前に一人の人間です。
人間と人間は対等です。
譲り合う時、助け合う時、喧嘩する時、甘え合う時、一緒に居る時、別行動する時……。
いろいろあってこそ、親子に限らず人間は誰でも経験値が上がり、よりよく成長できるもの。どんな経験も成長の糧ということを忘れずに、大らかな気持ちで子育てをしたいものですね。

子育てのこと 2 休めない母親

燃え尽き症候群的な状態が、時折子育てにも起きます。
受験や就職、結婚など具体的に子どもの将来に理想を持っている親御さん、且つ、そのために自分のエネルギーの大半を費やして手助けをするタイプの人には起きやすいです。

頑張って頑張って、子どもと一緒に目標達成まで…。

それで望む結果が出ればいいけれども、望む結果が出ないこともあります。
そうなると、もうがっかりです。
多くを我慢してすべてを子どもにかけたのに…という気持ちになります。
目の前でしょんぼりする子どもを見るにつけ、ますます胸が痛みます。
どうしてよいかわからなくなり、疲れ切って、頑張りに限界が来て……全身から力が抜けて、すべてを投げ出したくなってしまいます。

大変ですね。

子どもと一体化したような気持ちになり、子育てに夢中になっている間に、見落としがちなことがあります。

それは、親自身のこと。

特に父親より母親に頻褚だと言われます。
子を産み、母となると当然母性本能が刺激されます。自分が産んでいなくても、自分の庇護下の「大切な子」という気持ちが内側から勝手に湧いてきます。
自分の意志や思考とは別に、無意識に自分のすべてを子どもにかけようとします。
子どもの将来のためにスーパーマザーに、完璧な母親になろうとしてしまいます。
自分のことを我慢し、子どもとその父親に見返りも求めず尽くし続けます。
衣食住の世話、時間の使い方など、生活のすべてが子ども中心のペース配分になります。
家族のペースと子どものペースの間に挟まり、家事と子育てに振り回されて多忙な上に多大なストレスを抱えます。
さらに、それを「母親なら当たり前だ」「良い母親とはそうあるべきだ」「今は仕方がない」「母親の責任」等々、思い込んでしまいます。
残念なことに日本社会は周囲もそういう雰囲気を感じさせ、母親には見えない圧力になっていることもあります。
それで、母親は自分に構っていられなくなります。酷くなると、自分が楽しむことに罪悪感まで感じてしまう場合があります。

当然、そんな生活には限界が来ます。
ハードに外で仕事をこなしていた人と同等に、主婦業、母親業はハードなものです。
考えようによってはもっと理不尽でハードです。物理的にただ働きですし、勤務時間も1日24時間ですから。
よって、兼業、専業を問わず、主婦も外で働く人と同等に、ワーカホリックになりますし、燃え尽き症候群になる危険をはらんでいます。

子育て中のみなさん、自分のためのこと、していますか?
自分の本音に向き合っていますか?
周囲の影響の理想の母親像に縛られてはいませんか?

自分も他の家族と同等に休んでいいし、甘えていいし、楽しんでいいのですよ。
家族だろうと友人だろうと、赤の他人だろうと、助け合うようにできているのが人間です。

それができない人は、要注意。
家族と物理的に離れて休み時間、休日を取って、自分自身を取り戻す休養時間や楽しみを満喫する時間を作りましょう。

子育てに休みは無い。しかし、母親が子育てを休むことも子育てです。

母親が子どもと離れて行動をするということは、子どもの成長にとても良いことです。
母親の目の届かない所で他の人たちと過ごす時間は、子どもにとって必要不可欠な成長のための経験。
幼いうちから時々経験するほうが視野が広がり、心が豊かになるでしょう。
「家族はいつも一緒に居すぎないこと」が、意外にもお互いのためにいいことなのです。


子育てのこと 1

子育てに悩みはつきもの。
でも、悩んでいる間に子どもはどんどん成長してしまいます。
子どもにとって、その時間はあっという間に過ぎ去っていく時間です。
親が迷い、不安になり、悩み、恐れ、期待し…と不安定な状態でいることはあまり良いことではないのかもしれません。

しかし、親が愛情のために不安定になっている多くの場合、子どもは親の気持ちをわかってくれて、気遣ってくれているものです。
むしろ、親のほうが子どものそんな気持ちが見えていませんし、子どもの本音がわかっていないことがありますね。

かつては自分が子どもだったのに、子どもの気持ちはわからない。
不思議ですね。

日常生活(仕事、家事などの物理的なもの)に時間と気力を奪われて、余裕がないということはありませんか。
自分の事で手一杯で、その上に子どものことを考えるなんて…となっていませんか。
子どもが自分の思うように動いてくれないと、不満になっていませんか。
育児書や周囲のお子さんたちと比較して一喜一憂していませんか。
自分にとって安心な子や家族の将来の設計図を描いて、そのために準備していませんか。

親がそんな状態になると、子どもに負荷がかかります。

子どもに問題があるとおっしゃる親御さんは、本当に悩み、悲しみ、疲れたご様子です。
本当に心を痛めていらっしゃり、苦しんでいらっしゃいます。
子どものことに一生懸命な、大変すばらしい親御さんです。
それでも、敢えて、お子さんがどうこうの前に、ご自分の子ども時代や今の生活、思考を見直していただきたいと思うことがあります。

子育ては親育て。

親が子を育てるのではなく、子がいることにより経験値が上がって親が育ちます。
子どもは当たり前に自ら育つものですね。

そうわかっていても、悩むのが親。迷うのが親。

誰もが試行錯誤を重ねながら、失敗を繰り返して子育てしています。
子育ての失敗も成功も、子どもにとっては経験の一つ。
極論、親が何をやっていても子どもの経験値は上がって、良い見本も悪い見本もある中から取捨選択をして自ら方向性を決めていきます。

子どもの能力を侮るなかれ。

子どもは親が人間に作るものではなく、子ども自身が生まれた瞬間から一人の人間として自らを成長させていくものです。

親ができることって、たいしてありません。
ひとり立ちするまでの衣食住など物理的な援助と、ひたすら忍耐強く見守る愛情。

子育てに正解は無いとも言われますが、私は正解は自分の子が寿命を全うした時に、満足できれば正解、成功なのかなと思っています。
親は答えを知ることができません。答えは子どもが出すものです。
今、自分の子育てを振り返り、大人になった子どもたちを見るにつけ、感じることがあります。
子育て子育てと親が自由にできるかのように言うけれど、かなりの部分が子ども任せになっているなぁ……きっと、それがいいことなのだなぁ……と。


プロフィール

kokoromidokoro

Author:kokoromidokoro
こころみどころ双月のセラピスト

©こころみどころ双月2016/07/01

生きづらさや人に言えない悩みを抱えてしまった時には声をおかけください。
こころみどころ双月はあなたの思いに寄り添います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR