曇り空の灰色

スカッとした青空の日は、気分も上がって気持ちが良いです。
半面、曇り空の日はどんよりした気分になります。文字通りの「曇天」。

けれど、毎日青空だったらどうでしょう?
いつもいつも「気分が晴れ」という状態で暮らせるかというと、不可能です。
それどころか、かえって調子を崩してしまうのが人間です。

夏のカンカン照りが続いた後、雲が太陽を遮ってくれるとホッとします。
黒い雲がやってきて、雨を降らせてくれると癒される気持ちになります。

先日、無彩色の「光と影が織りなすモノトーンのマイナス作用」について書きましたが、当然プラス効果だってあるのです。
物事はすべてにおいて表裏一体。

セラピー効果

曇り空の灰色

 過度に活動し、頑張り過ぎて疲れた時など、少し休憩したい時に。
 自分にとって強すぎる刺激から守ったり、静かに過ごしたりすることができます。
 他者との接触を減らしたり、自分を目立たなくしたりする効果があります。
 自分の動きを一時中断して疲れていることを認識でき、休みが必要ならば休むことができます。

曇りの日は、心も体も休む方へと自然に移行しますが、実生活では曇りだからと言って休んでいられませんね。
けれど、誰にとっても適度な休みは必要不可欠です。
気分転換で別の行動をしていつも元気にストレス発散をしていても、疲れは溜まります。
頑張りすぎず、ひたすら眠って心身の疲れを回復しておきたい日もあります。
選べるなら曇った灰色の空の日に、昼間でも少し薄暗い自然光の中で横になって眠ってしまうのが望ましいですね。

ただし、曇り空から天候が酷く悪化する方へと進むことがあります。
マイナス効果はとても強いので、長期間、灰色の効果が続くのは好ましくありません。
梅雨時にイライラしたり体調を崩すのがまさにそれですね。
灰色は取り過ぎると鬱々した気分になります。能動的に考えたり動いたりするエネルギーを奪って無気力になっていくのです。
休みたい時にはありがたいですが、休み過ぎてやる気が失せてしまうと逆効果。

忘れてはいけないのは、自然環境ではずっと曇り空のままということがあり得ないこと。
雨も降り、日差しも戻ります。
雲は日傘のようなもので、真っ青な空の日差しを柔らかにしてくれているもの。
傘はいずれ閉じて片付けるものですし、必要になったら取り出して必要なだけ使うもの。
自分に都合よく、自在に使いこなしたいものですね。
スポンサーサイト



深い森の緑

日本はほとんどが林で、山はあれど深い森というのは無さそうです。
深い森の緑色は、大きな神社の裏手や山の奥、生い茂る木の枝や葉に覆われて薄暗い所の色、緑の葉の影の色とでもいいましょうか。また、日陰で見る緑の葉の色とでもいいましょうか。
ヨーロッパには樹の暗い深緑に囲まれた大きな森に、魔女や山姥など得体の知れぬ恐ろしいものが住んでいるという、森を舞台にした童話がたくさんあります。森に逃げ込んだり森ではぐれたりする物語は多いです。

薄暗い森の中に独り。

多くの人が恐れを抱きます。人類の長い営みの中で森は身を隠せる場所でもあり、命の危険も伴う所でもありました。
集落を作って暮らすようになると、森からはヒトよりも強い力の動物たちやってきて、作物を奪い、家畜を奪い、時にはヒトも餌食になりました。現代でも野生動物に襲われてしまうことがあります。

人間には自然を恐れる気持ちがあります。人間の手に負えない大きな自然には厳格なルールや底知れぬパワーがあります。
弱肉強食、壊れたらすぐには復活しない、一瞬ですべてを破壊する力がある、気づかぬうちにじわじわと変化していく、それぞれがおのずと勝手に成長する。
人間もその中の一部であるがゆえに、自然への恐れを心の奥に誰もが持っています。

自然の決まり事は有無を言わせぬもの。絶対的な正義。

そんなモラルに満ちた場所に行くと、恐れだけでなく、妙に落ち着くことも多いです。
迷うほど深入りし過ぎなければ、森は居心地がよく、心を癒してくれます。
人間が作った自然とはかかわりのない社会のルールから距離を置き、生きもの共通の本来的なルールの中に身を置くと、ほっとします。
社会の中で見失いがちな、生き物としての自然な自分の姿を見出すことができます。

畏敬の念の駆られつつも、なぜか心惹かれる。そんな深い森の緑色です。

セラピー効果

深い森の緑

日常生活で体や心が疲れ切ってしまった時に。
本当の正義を見失いそうな時に。
疲れを癒したい時に、とにかく一回すべてを止めて休ませる方向へ導きます。
また、モラルの上に立って物事の良し悪しを判断し、どうあるべきかを知るのに役立ちます。

自然を破壊し続けている今の私たちは、自然の驚異にもさらされています。
自然を痛めつけると、その中で生きようと自然の生命たちは適応、進化します。
身を守るために毒を持ち、生きるために居場所を広げようとします。
ヒトやモノの移動によって世界に生物たちが散らばります。
外来種は環境が整えばどんどん増え、在来種の栄養を横取りしたり、餌にしたり……。
人間が発展という名の欲で自然をかき回した恐ろしい結果が、自分たちに返って来ます。

ここ数年、社会の中で「許容するよりも批判して排除する」という心の動きが目につきます。
SNSなどの書き込みを見ると悲しく、恐ろしくなるものもあります。
自分勝手なモラルを振りかざせば、周囲を破壊してしまう危険も孕んでいます。
モラルに従って良し悪しを判断しやすくなる緑系の色ですが、自分のモラルの物差しを絶対的な正義のように振りかざし、他者に押し付けないようにしたいものです。
物差し自体も、物差しの当て方や当て場所も、人によって全く異なります。
異なることこそが自然であることを忘れずにいたいものです。

桜のピンク

春らしくなりました。
春の風向きですが強く吹く日が増えました。
ソメイヨシノの開花が伝えられています。
家の近くにある桜の一本は早咲きの種のようで、既に先週に満開になり、この風で散り始めていると思います。
それでも、桜が咲くと日本人の多くは華やいだ嬉しい気持ちになりますね。
淡いピンク色、そしてシャープな切れ目のある愛らしい花びらの形、小ぶりの花。
立派な黒っぽい幹から大きく広がった枝に花だけがいっぱいに咲く姿は、本当に美しいもの。

桜色は日本を象徴する色と言ってもいいぐらいの色です。
日本と言えば、桜。
日本の美、特に四季の繊細さの象徴として世界に通用するイメージですね。

春が近づくと、桜をイメージした品々が出回ります。
お香、花びら模様の小物や文房具、食器など、雑貨店に行くとウキウキします。
桜の香りの食べものも出回ります。
桜餅、桜茶に、近頃は桜のフレーバーのケーキや飲み物を見かけますね。
春を待ちながら、そういう物に触れるのは嬉しいものです。

桜色は、日本で育った人にとっては、赤と白の中間色のピンク系の色の中でも特別な色。
変に甘えの気持ちや、我儘さ、未熟さと繋がる他のピンク色とは一線を画しています。
清楚な大人のピンクで、春の別れと出会いを受け止めて歩む色。
その効果も他のピンクとは異なるようです。

セラピー効果

桜のピンク

ワクワク感、期待感、嬉しさの増幅。
自分にも周囲にも優しくなれる。
自然体の素直な気持ちになれる。
気分一新、新しく仕切り直せる。

蜜柑のオレンジ

蜜柑は蜜柑色と言えばいいのに、オレンジ色って言うのも変でしょうか。
橙色という言い方も近頃はしなくなりました。
昭和の頃は色鉛筆やクレヨンには「だいだい」と表記されていました。
幼い子どもたちに「だいだい」って何?ってきかれたことを思い出します。
平成では既に橙は身近なものではなくなっていました。
今は「オレンジ」という表記をよく見かけます。
完全に移行したのかどうか、メーカーにもよるでしょうし、色自体にもよるでしょうか。

赤と黄色の間の色。赤に近いものから黄色に近いものまでたくさんあります。
その中でも日本人にはとても身近で馴染みのあるのが冬の温州蜜柑の色。

昭和の冬と言えば「炬燵に蜜柑」の光景でしたね。
ストーブや火鉢で暖まった空気に、みかんの水分はとても心地が良かったものです。
蜜柑の皮をどちらから剥くか、白いわたをどこまでとるか、揉むのか揉まないのか、温めるのか温めないのか、小房をいくつずつ口に入れるのか…人それぞれに微妙にこだわりがあるほど、近くにあって愛されるものでした。
また、風邪と言えば日本はまず蜜柑、という感じでした。

「蜜柑が必ず傍らにある冬」という生活が減りつつある現代ですが、「炬燵の上の蜜柑」「鏡餅の上の蜜柑(橙)」のイメージはお正月の代表的なイメージとして残り続けています。
お正月のご馳走と、元旦のお雑煮の湯気、それを囲む家族のぬくもりに代表される「幸福のイメージ」がそこに付随しています。

蜜柑を連想させるオレンジ色は、どこか懐かしさと、ホッとする安心感、ぬくもりを感じさせます。
ビタミンが体を癒す感じと、別腹効果でいくつでも食べてしまう食欲と、こたつを囲むような周囲の人との楽しい団らんのイメージがあります。

セラピー効果
蜜柑のオレンジ

孤独に疲れた時の癒し効果。
周囲の人と楽しく仲良く語れる。
食欲増進。
幸福感の増長。

蜜柑のオレンジは、日本人には特別に癒しの効果もプラスされる色です。
他のオレンジ色のように元気に明るくするだけではなく、内側から元気をサポートしてくれます。

リンゴの赤

日本で林檎の色と言えば、まず一番に「赤」でしょう。

実際は、他の色の品種も出回っています。

私が子どもの頃、
黄色系は「インド林檎」、赤いリンゴは「ふじ」をよく目にしました。稀に青いリンゴもあったと記憶しています。

品種改良はどんどん進み、今ではいろいろな味のリンゴが食べられるようになりました。

ここ数年のところで、個人的に好きなリンゴがあります。

黄色では「信濃ゴールド」。
ゴールドと言われて納得するほどの美しい黄色。
シャリとして程よい柔らかさの食感。
甘いのは勿論ですが、香りがとても爽やかで良いです。

赤色では「秋映」。
濃くて艶やかな美しい赤。私が好きな紅玉の影響を色濃く受けています。
しっかりした歯ごたえと、爽やかな甘味。

どなたにも、それぞれ好みの品種があるのではないでしょうか?

赤の鮮烈なイメージの中で、「リンゴの赤」から来るイメージはソフトです。
リンゴが赤いのは外の皮だけで、中が淡い黄色系の白。

この色のバランスと、香りの爽やかさ、瑞々しさ。

加えて、体に優しいイメージです。

西洋ではリンゴは赤より緑のイメージですが、
体の調子を整えるというイメージは共通なようです。
離乳食の定番です。
風邪をひいた時、お腹が痛い時などにも、リンゴは活躍します。

戦争直後にリンゴを歌った歌が流行ったのも、面白いところだと思います。
ガンガン頑張る勝つための赤のイメージでないリンゴ。
疲れていた人々に元気と勇気を与えるリンゴの赤。

リンゴの赤は、日本人が大好きな赤色だなと思います。

セラピー効果

リンゴの赤

心身のエネルギーが減ってしまって力が出ない時に。
身体の調子が崩れた時、疲労感で元気が出ない時、欝々としてしまう時に。
健康的に、心を爽やかにして前向きに改善して、勇気と元気をくれるリンゴの赤です。

プロフィール

kokoromidokoro

Author:kokoromidokoro
こころみどころ双月のセラピスト

©こころみどころ双月2016/07/01

生きづらさや人に言えない悩みを抱えてしまった時には声をおかけください。
こころみどころ双月はあなたの思いに寄り添います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR