自分の色彩感覚が影響するカラーセラピー

日本人の色彩感覚はとても優れています。
世界のどの国の人より自然の微妙な色合いを区別し、呼び名を与えてはっきりと認識しています。
自然が奏でる音を音楽のように愉しみ、様々な音にオノマトペ(擬音)を与えて認識しているのと同じです。
日本人のすごいところはその繊細な感性と、それが共通認識として存在しているところですね。
これはカラーセラピーにも表れて、西洋風のカラーセラピーではしっくりこないなと感じることが多々あります。

今日ご紹介するカラーセラピー料理は「金時人参のポタージュ」です。
普通の人参の色は日本の表現では「人参色」とそのままズバリの「橙色」より赤が濃い色。
ポタージュスープにしていくと、それが薄くなって「肌色」に近くなっていきますね。
金時人参はかなり赤いです。
ポタージュに作れば生クリームや牛乳を加えて行くにつれて「珊瑚色」からどんどん薄い方へと変化していきますね。
料理を作りながら、そんな色の変化を楽しむのも心にいいことです。

少しオレンジ寄りの赤に白を加えたこの金時人参のポタージュスープ。
これをピンクだと思う人はピンクの効果を、赤いと思う人は赤の効果、オレンジと思えばオレンジの効果を得られます。
色彩に繊細な人はオレンジ、赤、ピンクの効果を一度にとることができます。

リンク先の文面を読めば、作った人はオレンジと赤の効果を欲しがっていますね。
オレンジだと思えばオレンジの効果、赤だと思えば赤の効果が期待できます。
オレンジは焚火やお日様のイメージで暖まります。
寒くて動きが鈍る時期にオレンジで暖めれば、気持ちも体もほぐれて動きやすくなります。
赤はやる気とエネルギーの効果ですね。元気になります。
暖まってやる気が出てくれば、自然に行動力が発揮されます。
やることを片付け、やりたいことをやっていく。
やりすぎて空回りしそうな時はそこに一点の緑。
理性の緑を使うことで、安全のためのブレーキになりますね。

スープは煮込んでミキサーにかけるだけでできますから、気軽に試せますね。
いろいろな色の食材で試すと楽しくカラーセラピーできてよいと思います。

スポンサーサイト



カラーセラピー料理の活用は……

カラーセラピーは原則知識を得れば誰でもできる便利なものではありますが、単純にこの色はこういう効果がありますということでカラーセラピーを使うと失敗することがあります。
自分の望み、欲の方向ばかり見て、本当の自分の深層心理、自分の状況の客観的把握を考慮せずに使うと、だいたい失敗します。

「こうなりたい」はとても大切です。
けれども、闇雲に突っ切って上手く行くのは常識的には難しいですね。
自分の実力、状況と周囲の人や状況などの環境がうまくマッチして良いタイミングが来て上手く行くものです。

今日は久しぶりにカラーセラピー料理の紹介です。
いつもここで紹介するカラーセラピー料理は「この色を使ったら誰でもこうなる」という原則理論だけでなく、「こんな状況の時にこんなふうに使うとこういう作用がありますよ」という紹介です。
色と効果だけでなく、使う背景などが書かれているのでリンクで紹介するようにしているのです。
紹介する料理名にリンクがはってあります。リンク先の記事での使い方を参考にしていただければ幸いです。

さて、今回は「トマトキムチ鍋」です。
トマト鍋とキムチ鍋をくっつけたもの?のようです。
双方の旨味と栄養がプラスされ、色の赤さも増していますね。
長期にわたってのエネルギー不足を抱えた人と、体調不良を抱えた人。
それでも周囲の状況によって、じっくり休んでいられない様子です。
疲れている、エネルギーが足らないなら充電期間を設けて休みを取りたいところです。
通常なら、そういう時は緑色。

ですが、緑で休みを取っていられる状況ではないのでしょう。
その場合、休まずに体力と気力を維持して、忙しい期間だけ乗り切りたいという考えを優先するなら、赤。
そこで赤が選択されています。

赤は血の色。全身を巡って酸素や栄養を行き渡らせ、エネルギーの色。
さらに地面に近い色で、足下をしっかり固める力もあります。
気持ちだけで突っ走らず、大地のエネルギーを取り込めますね。
お鍋の外側が赤の仲間のピンクのようです。
中は黒で、嫌なものをはねつける強さを生む色。
野菜の緑で赤に走りすぎないブレーキも備え、卵の黄色で計画性も出てきます。
状況が許す時が来れば緑を処方してしっかり休んでいただきたいですが、期間限定、年末年始の半月程度ならこのお料理の色の考え方でいけると思えます。

その人の一部分を見てカラーセラピーの理論を当てはめるのではなく、心身両面、物理的環境、時期等々を客観的に全体として捉えた上で活用するとよりよい効果が出ます。
それらを考慮してきちんと色を処方するのがプロのがカラーセラピストだと思っています。

カラーセラピーは占いとは違います

実は、カラーセラピーは誤解されていることがよくあります。
先日も出店中に知り合いの店を覗きに来てくれた方(カラーセラピーや傾聴療法を体験するようにその知り合いから勧められている方)が、チラリと隣の私の店を見ておっしゃいました。
「占いはまた今度」
なるほど、と思いました。
占いは占いで人気がありますが、占いを必要とする人とカラーセラピーを必要とする人は抱える問題が少し違うかもしれません。
つまり、今の彼女は占いを必要としていない人のようです。にもかかわらず、占いとは異なるカラーセラピーを占いの括りの中に入れてしまい、重要ではないものと位置付けてしまったのです。
ということで、ちょっと誤解を解きたいなと思います。

占いは種類がたくさんあって、統計学と心理学を駆使したものもありますので、一概には言えませんが、未来を見ようとする、見えないものを探ろうとするので、どこか曖昧で占い師の解釈次第という部分があると伺いました。
また、読めぬ未来ゆえに「当たっている」ということを求めるものでもあるようです。

カラーセラピーは色彩が心理に及ぼす影響を調べ、色彩のイメージの世界調べ、その統計を基にしています。現在、過去、未来を言い当てるためのものではありません。

こころみどころは、心理や脳の勉強を重ねつつ、精神についての問題に重きを置いています。
ですから、カラーセラピーも「当たりはずれ」ではなく、本来の心理学的見地での活用になります。
ご本人がどういう心持ちで過ごしたいのか、ご本人が望む未来とはどんなものかを自ら探していただき、そこへ向かって自らが思うままに進むことを後押しするものです。
このリンク先の記事「人参タルタルのチキン南蛮」のように、ただのオレンジの紙でもいい、オレンジのソースでもいいのですが、それを使って明確に描いた目的(未来、目標)である「食欲が無い時にきちんと食事をとる」を可能にしていますね。
何よりうれしく思うのは、ご本人が無意識に体に必要なオレンジ色を取り込む行動をとられていることです。脳の素晴らしい働きと言えるでしょう。
人は「他者からこうしなさい、あなたはこうだと言われたから」ではなくて、自ら必要なものを選択し、自らの力でより良い方向へ変化しながら生きて行く生きものです。
目標を明確にするために自分の心の中を客観視する手伝いと、未来への歩みのために自分が思う改善点を表に引き出して後押しするのが、カラーセラピーの役割であり、効果だと思っています。

ハロウィンの色でセラピー

先日、無事、一日限りのイベント出店を終えました。
コロナ自粛開けですから、仮装して楽しむ子どもたちも多く見かけました。
マスクしているので余計に雰囲気が盛り上がるなと思ったのは私だけでしょうか。
明るい夏の期間が終わり、短い実りの秋を迎えます。そして、収穫を終え、それぞれ感謝の気持ちを捧げるお祭り。諸説あるハロウィンの原型ですね。
そのお祭りに悪魔だの魔女だの、霊だの…宗教的な教えがミックスされて、暗い冬、魑魅魍魎が行き交うイメージが加わったようです。
確かにヨーロッパのアルプス周辺は、冬が厳しいですから家に籠りがち。蓄えた食糧で日差しの少ない冬を乗り切ります。外に出たら危険(怖いものが来るよ、早い時間に家にお帰り)というのはそういう風土の影響もありそうです。
そんなハロウィンの色。黒、紫、オレンジ。
料理もそんな感じで楽しみたい人は、こんな料理はいかがでしょう。
オレンジ色の人参カレー」は見た目と味が全然違うので、パーティーで受けること間違いなしです。作るのが難しそうですが、失敗したら普通のカレーになるだけで、無駄にならないのでやってみてもいいかしらと思いました。
紫芋やイカ墨などをベースにして楽しむのもありですね。
カラーセラピーとしては……
オレンジは豊穣の色。実りの秋を代表する色です。
食欲も刺激され、社交性が高まるので周囲の人々と楽しく、ワイワイと食卓を囲めますね。プラスエネルギーの素です。
黒は、邪をはねつける色。身を守る防御の色です。
紫は、病気や穢れから守る神聖な色です。
ハロウィンの色は、実りに感謝し、人のぬくもりに感謝し、そのエネルギーをもって悪いものを遠ざけつつ、厳しい冬を乗り切るために役立つ色で構成されています。
そこに緑色の健康に良いハーブを扱う魔女の存在も忘れてはいけません。体に良いものを食べ、悪いものを出す、デトックスですね。
古来からのお祭りや風習には人の願いが形となって込められていて、深く見ればいろいろと理にかなった教えであることがわかります。
そんな人の願いに少し思いを馳せながら、数日後のハロウィンを楽しんでみるのもお勧めです。

疲れていても歩みを止めたくない時に

疲れているけれど歩みを止めたくない。
そんな時は癒しの緑とすべきことをする黄色。
今日のカラーセラピー料理のご紹介は「フジッリの黄緑色のサラダ」です。

茹でた蕪菜をみじん切りかペースト状にして、マヨネーズと追加の卵黄を加えて黄色みをプラス。
ごく普通のマカロニサラダですが、加えるもので色が変わるのが楽しいですね。

加える色で人の心も変わります。

黄緑一色で作るより、緑と黄色を混ぜているのがこのサラダの良いところ。
理由はリンク先の文面で、概ね説明されていますね。
プラスで桃色の皿というのもよいと思います。
黄緑も桃色もこれから育つ色。
休みながらも、これからの成長を思わせます。
ただ休むことに特化せず、自分らしい楽な状態に自ら変えていく力が出ます。

カラーセラピーにとって、どんな時にどんな色をどのように組み合わせるかは重要です。
まずは自分がどんな状態かを知ることが大切です。
こうしたい、ああしたいだけに流されず、現状を客観的に捉え、自分の本音をよく聴きましょう。
それから、色を選ぶようにしていくと効果的です。

プロフィール

kokoromidokoro

Author:kokoromidokoro
こころみどころ双月のセラピスト

©こころみどころ双月2016/07/01

生きづらさや人に言えない悩みを抱えてしまった時には声をおかけください。
こころみどころ双月はあなたの思いに寄り添います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR